仮想マシンのバックアップ考察

今まではゲストPCはOSのみならずデーターもイメージ単位で管理していた。
バックアップ(手動)をやる間隔が空いてデーターロストしたのはすでに述べてきた。
事故の教訓を踏まえたバックアップの自動化について考察する。

バックアップ単位について

今まで
ゲストOS イメージ単位
データー イメージ単位

これから
ゲストOS イメージ単位
データー ファイル単位

説明
自動化するにあたりゲストのOSもホストのディレクトリにインストール出来れば全て同じ双方向同期を走らせるだけで済むのだが、
無理なので100GB級の単一ファイルのバックアップをどうするかが問題になる。

ちなみに今までのストレージ構成と中身は以下である

ゲストOS用SSD 960GB 満杯
イメージ01 100GB 満杯
イメージ02 100GB ほぼ満杯
イメージ03 100GB 満杯
イメージ04,05,,,はほぼ使わない古い物理マシンのイメージ

ゲストデーター用SSD 2TB ほぼ満杯
古い物理マシンから変換したイメージに追記していったので現在1.8TB

自宅ホストOS用SSD 128GB
ゲストバックアップ用HDD 4TB 使用率75%

職場ホストOS用SSD 128GB

という体制で6年間運用してきた。
以下これからのストレージ構成と中身の計画

ストレージ構成
ゲストOS用SSD 2TB xfs
イメージ01 200GB
イメージ02 200GB
イメージ03 200GB
qcow2を拡張するだけ、だが縮小は手間らしいので欲張らない

自宅ホストOS用SSD 128GB xfs
自宅ゲストデータ用HDD 8TB btrfs 双方向同期⇔職場
Bcache用SSD 240GB

職場ホストOS用SSD 128GB xfs
職場ゲストデータ用HDD 8TB btrfs 双方向同期⇔自宅

データー用HDDはホストのbtrfsで差分を取りながら、かつリモートで双方向同期することで災害対策まで実現できる。
データーはホストのディレクトリに配置しゲストのWindowsからはsambaで読みに行く。
Windowsからも見られるということは

母ノートPC 1TB データのみ上のシステムにバックアップ

のように家族のパソコンのデータもバックアップしてあげることができる。

ゲストOS用SSDは今後も自宅⇔職場をアナログに行き来させる。
rsyncで1イメージずつ輪番バックアップ(1回200GB)
Bcacheで240GBSSDを8TBHDDのキャッシュとして使用すれば輪番の200GBは500MB/sとして7分弱
HDD直だとしても150MB/sとして22分強
イメージが入ってるディレクトリは双方向同期しない→帯域を圧迫するから

手動バックアップもたまにはする。系統になっているので何らかのトラブルが連関してデーターロストが発生する可能性もあるので。
そういう意味ではホストの双方向同期から外れているゲストOSイメージの運用方法は面倒だが理に適う部分もある。

カーバー

カーバーとは、小学3年で自分で考え中3まで通用したニックネームである。あれから30余年、当時のオ↑レ↓にあやかって再びカーバーの二つ名で活動を開始するものである。

コメントを残す